よくあるご質問

◎当スクールについて

DBCのJUIDA認定スクールの特徴は操縦カリキュラム、安全運行管理者カリキュラムを短期合宿型で集中した2日間で取得できることができます。

土日連続受講もでき、お仕事を休まずに短期間で習得できることも魅力といわれております。

遠方からのご参加が多く、愛知県内はもちろん、東北や九州からのご参加いただいております。

遠方からのご参加が多く、愛知県内はもちろん、東北や九州からのご参加いただいております。

当スクールには60台以上の無料の駐車スペースがございますので、ご安心ください。

座学会場、専用飛行場、雨天時の室内飛行場ともに隣接しておりますので、移動は必要ございません。

◎受講参加について

受講いただく皆様には、実技訓練用のドローン機材を準備させて頂いております。受講料に機材の使用料が含まれますので、機材をご準備いただくことは不要です。

対応可能です。詳しくは、一度、ご連絡ください。

DBCドローンネットショップ『DBC SKYWORKS』から受講のお申し込みをしていただくと、クレジット決済での分割払いが可能です。(DBCドローンネットショップサイト『DBC SKYWORKS』へリンク 

クレジット決済以外の場合は、受講日3日前までにお支払いいただく規定となっております。

合宿型にご参加いただく場合は、2日間のお食事・宿泊施設はすべて当スクールにて準備させて頂きます。

◎JUIDA認定操縦技能・安全運航管理者コースについて

20歳以上の方であればどなたでも参加できます。

年齢、性別に関係なく、受講者様お一人お一人に合わせた訓練指導を行わせて頂きます。

一切必要ありません。受講頂く2日間でマスターしていただくカリキュラムになっておりますので、安心してご参加ください。

JUIDAの発行する証明書はドローンを運用する際の免許ではありません。また、今後すぐに免許になる予定もございません。

ただ、日本初のドローン操縦士を養成するスクールを修了された者に発行される操縦技能証明書ですので、今後ドローンをビジネスとして運用を考えている方にはこれから効力を発揮するライセンスと考えております。

操縦技能・安全運行管理者向けのスクールは合宿型で1泊2日で受講できます。最終日に、筆記試験、ならびに実技試験を合格された方に限ります。

※実技試験においては、お一人様、3回までは無料で受けることができます。

テキスト、機体使用料、修了試験受験料です。

JUIDAへのライセンスグッズ申請に掛かる費用は受講料には含まれておりません。